一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【コンサート記録】

************************************

2016年5月11日 (水) 19時開演 Musicasa

山宮るり子(Hp)
小池郁江(Fl)
森山涼介(Vc)

ハイドン:ピアノ三重奏曲 ニ長調より 第1楽章(Trio)
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ(Trio)
フォーレ:子守歌、幻想曲(Fl&Hp)
スメタナ:モルダウ (Hp)

- Pause -

武満徹:海へ掘
    夜、白鯨、鱈岬(Fl&Hp)
ベッリーニ:ノクターン(Vc&Hp)
グラズノフ:スパニッシュセレナーデ(Vc&Hp)
フォーレ:エレジー(Vc&Hp)
ラヴェル:ソナチネ
     中庸に、メヌエットの動きで、活き活きと(Trio)

************************************

昔、一緒にお酒を飲んだ、という縁のるり子さんの演奏会へ行ってきました。
お互い学生だった頃は実は彼女の演奏を聴いたことはなく、
卒業して暫く経ってドイツを訪ねた時、まだ学生だった彼女の演奏をたまたま聴く機会にあい、
それがもの凄い迫力だったので、印象は強かったのですが、
そのうちコンクール覇者となっていき、もうすっかり”知り合いです”とは言いづらいところにまで行ってしまった彼女。
それでも気さくに飾らず話す感じに人柄の良さを感じずにはいられません。

9月に王子ホールでソロ・リサイタルというのは凄い・・・・・
ハープって優美で流麗な感じですが、結構すごくスポーティーで迫力な楽器だということだけははっきり言えます。
フルートとチェロとのアンサンブルはなかなかの好組み合わせでステキでした。
 

3月にMatthias Veit先生(ピアノ・伴奏法)、
4月にKnut Schoch先生(声楽)が各々マスタークラスや演奏会のために来日、
お手伝いなどをしながら過ごしました。



やっぱり一緒に音楽の勉強をするのは楽しいものですね。



春のスタート、色々な懐かしい顔ぶれに会えた充実したものになりました。
今度はもう少し音のアンサンブルで参加したいです。



ところで今回、先生の大切なカメラを首からかけさせてもらい
たくさんの写真を撮るカメラマンも買って出たのですが、

この性能の良い、撮りたいものを思いのままに撮れる一眼レフにすっかり惚れ込んでしまいました。
一眼レフ、買おうかしら!


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

演奏 2017

♪28.Jan.2017(Sam.)
新年会@都内某所(非公開)
・シャミナード:トッカータ、ピエレット

♪19.Feb.2017(Son.)
試演会@門前仲町
・シャミナード:6つのロマンティックな小品(連弾)

♪17.Sep.2017(Son.)
ラルゴの会@Musicasa
・曲目未定
free

- - - - - - - - - -

☆click☆

声かけ。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM