Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
演奏スケジュール
here
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
s
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
2016年・元旦。


明けました、おめでとうございます。
2016年の始まり。
posted by: Makiko Nemoto | 日々のこと。 | 17:23 | comments(2) | - |
終焉でなく暁へ
コンサート記録

******************************

第8回 ロマンは音楽レクチャーコンサート
「終焉でなく暁へ」
シューマンとブラームス後期室内楽若きヨアヒムとともに

2015月10月3日(土) 14時〜
五反田文化センター音楽ホール

R.Schumann
 暁の歌 Op.133
奈良希愛(P)

R.Schumann
 ピアノ三重奏 第3番 ト短調 Op.110
奈良希愛(P) / 山本美樹子(Vn) / 長谷川彰子(Vc)

 <休憩>

J.Joachim
 3つの小品 Op.5
戸原直(Vn) / 奈良希愛(P)

J.Brahms
 クラリネット・ソナタ 第1番 ヘ短調 Op.120-1
Kohán István(Cl) / 奈良希愛(P)

******************************

興味のあるジャンルばかりが目白押しで伺ってみた。
個人的には最後のブラームスのOp.120-1はヴィオラ版でコンサートをさせてもらった想い出深い曲。
この曲はどこへいっても難曲なんだということを実感。
ちなみにクラリネットを演奏した若きハンガリー人は既に祖国では随分有名らしいけれど、
こうやって記事を書いている間に日本音楽コンクールで1位も取った模様。
時々コンクール1位を取る直前の奏者の演奏を破格で聴ける機会があるのも
小中規模コンサート(時としてただの弾き合い会)へ足を運ぶ醍醐味かなと思う。
 
posted by: Makiko Nemoto | コンサートのこと。 | 22:20 | comments(0) | - |
本番前は大概飽和状態。
発表会を明後日に控えて

何だか飽和状態であります。

いつもより演奏時間が短いので

さらい易いような、スパイラルのような。


今年はシューマンのソナタの2番を1、2楽章だけ弾きます。

何でも”のだめカンタービレ”でも演奏されていたとかで

のだめ好き(音楽関係者ではない)の友だちが聴きに来てくれるとのこと。


のだめカンタービレについてはよくは知らないけれど、

当日、彼女が描くのだめの世界が広がっていればいいけれど。

当日、彼女の描くのだめの世界を壊さなきゃいいけれど。


そんな感じで半年ぶりの更新を誕生日前日に行い、

祝いごともアルコールも無しで本番前日を迎える予定であり、

年取ったなりの演奏ができればイイネってところでしょうか。


そんな昨今。
posted by: Makiko Nemoto | 音のこと。 | 17:53 | comments(3) | - |
清水ナツキ&伊藤野笛ジョイント・リサイタル
野笛さんの演奏会は相変わらずいつも目からウロコの作品群。
期待を裏切らない珍しい作品ばかりで勉強になりました。

<演奏会メモ>
2015年3月17日 @ TheGree
・クープラン:恋のうぐいす、キタイロンの鐘
・古松隆:「デジタルバード組曲」
     1.鳥恐怖症
     2.夕暮れの鳥
     3.さえずり機械
     4.真昼の鳥
     5.鳥回路
・タファネル:魔弾の射手による幻想曲
・テレマン:無伴奏フルートの為の幻想曲 第11番
・メシアン:「鳥のカタログ」より こうらいうぐいす
・リーバーマン:フルートとピアノの為のソナタ 
posted by: Makiko Nemoto | 音のこと。 | 23:59 | comments(0) | - |
達×達
たまたま見たNHKの"達×達"がとても良かった。

料理家 辰巳芳子 × 華道家 川瀬敏郎

やはり行き着いた人たちというのは

似たようなオーラに包まれてるなぁ、と実感。

料理家も然り

華道家も然り

音楽家も然り。

1時間の放送の中には無駄な言葉が一つもなくて

あんな風に対談できたらいいなぁ、と思ったり。

最近、というかここ何年もの悩みの一つに

深いところで納得のいくような会話をできる機会が

極端に減ってしまった、ということがある。

そういう意味で私は大学が一番好きだったなとよく思う。

たくさんの"達人"がいたからなんだと思う。



、、、と脱線してしまったけれど、

その番組の中で印象に残った言葉を一つ。

『物数を尽くす』

昔の人は"練習する"と言わずにこう言ったそうだ。

全然印象が違うし、すごく深いと思う。



物数を尽くす、それを漠然とした中で乱用しないようにしなければ、と思った夜でした。


posted by: Makiko Nemoto | 音のこと。 | 07:05 | comments(0) | - |